おたっくすを使ってみた結果

僕の家では、新しくFAXを新調しようという動きが最近あり、そして新調するFAXに「おたっくす」が候補に上がっています。
そもそも何故FAXを新調しようと考えたのか、実は現在活動中のFAXは何故か普通の電話としての機能は果たせるのですが、FAXの事になると一枚しか出ず、壊れてしまうのです。
このままではもしもの事態に、FAXが必要になった時大変だ、ということもあってFAXを新調する事にしました。
ちなみに「おたっくす」、今のFAXを新調する前に僕が家電量販店で見てきました。
使い方は特に変わらず、まぁ、FAXとしては使いやすいと感じました。
色は白で、基本的な機能が備わりシンプルなデザインでした。これを購入するなら僕は納得でした。
そして購入当日、ついに我が家に「おたっくす」が出現しました。
実際に使ってみると、タッチパネル式で驚きました。正直言うとFAX何てほとんど使われていないと考えていたので、こんな進化を遂げているとは思っていなかったです。
そしてこのタッチパネル式の方法を使う事により、画面で直接文字を書いて、そしてそれをFAXとして送る事が出来るのです。素材も充実していて、
それからもう一つ個人的に嬉しかった事はSDカード対応のところでした。
これのおかげでデータの保存が可能になり、更に後から書き足す事も可能らしいです。
ボタンも大きくなっており、以前使っていた物よりずっと使いやすくなっていました。
更に驚く事に、別のおたくっすではスマホ対応しているなど、現在社会に適用されているのです。
最近ではタッチパネルで色々と描いて、家にいる時の連絡手段の一つに使っています。
そしてSDカードも欠かさず使っています。今ではFAXに必要不可欠な物になっています。
今後も「おたっくす」を使っていきたいと思います。